新築一戸建てを買う時の盲点とは

新築一戸建てを購入しようとする場合どのような点に注目するでしょうか。多くの人はまず場所を決めて、その後に建物を見つけるはずです。例えば、電車通勤を考えているならば、できるだけ駅から近い地域、あるいは実家から遠ざかりたくない場合は、実家のから半径3キロ以内といった感じで新築一戸建て住宅を探すでしょう。その次に予算にあった建物を探すことになります。 建物に注目しがちな新築一戸建て住宅ですが、盲点となるのは建物よりも土地のことが多いのです。土地は建物と違い建て直しをすることができないからです。土地で問題となりやすいのは自然災害との関係です。自然災害が起こりやすいのは地盤が弱い土地です。また、水が発生しやすいないしはたまりやすい土地は難があります。つまり土地がいくら安くても自然災害の被害に遭いやすい土地は人命にかかわってくることがあるため、慎重に決める必要があります。地震や水害に遭いやすいかどうかはその市が出しているハザードマップを見ることでわかります。水害に関しては川の近くだけでなく水がたまりやすい低地はできるだけ避けるべきです。また、裏山があり、土砂崩れのある可能性がある土地も台風や大雨の時には被害が出る可能性があります。理想としては高台でしかも地盤が固く裏山がないところが良いでしょう。

3136

Copyright ©All rights reserved.新築一戸建てを買う時の盲点とは.